社員INDEX

可能性を広げる × 10ANTZ

何もかも決まってしまっている大企業より、 何でもさせてくれるベンチャーの方が楽しい。
SCROLL
何もかも決まってしまっている大企業より、 何でもさせてくれるベンチャーの方が楽しい。

SUGIMURA SHUN

2015年入社|第1クリエイティブグループ

新卒入社したゲーム会社でプランナーを経験するも、安定した環境に満足できず転職。現在はプロジェクトマネージャーとして、企画だけでなく、予算管理や数字データの分析など、多彩な役割を担っている。

デザイナーが絵を描き、エンジニアはプログラミング。「以外、全部やる」仕事。

ユーザーに遊んでもらうための、ありとあらゆる仕掛けづくり。プランナーの役割をひと言でまとめるとこうなります。ゲームの世界観を考え、世界観を崩さずにどのようなゲーム仕様にするかを設計。リリース後は、定期的なイベントやキャンペーンの企画に、進捗状況の管理、新しい機能の追加まで。アイデア出しだけではなく、実施してからのユーザーの動きや、実際に出てきた数字などを見ながら、改善策と新しいコンテンツを常に考えています。面白さやユニークさだけでなく、いかにゲームの世界観を崩さずに、うまく落とし込めるかが腕の見せどころ。デザイナーやエンジニアなどの専門分野のプロフェッショナルとは違い、何をしているか、わかりづらいかも知れません。その分、自分がやろうと思えば何でもさせてもらえるのが10ANTZのプランナーです。

これ、ハズしたらヤバいな…。どうなるかわからない不安と、何でもできるワクワク感。

「ま、会社がなくなったら、別のところに行けばいいか」。転職してきた当時は、ある意味、開き直りのような心境で仕事をしていました。社員数も足りない、組織と呼べるほどの体制も整っていない。開発中の案件がヒットするかどうかもわからない。無い無い尽くしでしたしね。プランナーとは言うものの、アイデア出しだけでなく外注先の進捗管理まで、何でもやらないといけない状況。納期ギリギリで開発中のシステムが、フタを開けてみれば不具合だらけだったなんてことも。毎日ヒヤヒヤの連続でしたが、今となってはいい思い出です。大企業は仕事もキャリアも年収も、ある程度のレールがすでに決まってしまっています。それに比べ、何も決まっていないからこそ、ゼロから創り上げていく楽しさが10ANTZにはありました。

なぜ、それをやろうと思ったのか?いいアイデアは論理的な根拠から生まれる。

色々な案を出すことは、プランナーにとって最も大切な仕事のひとつ。私も自分の引き出しを増やすために、ドラマや映画を見ますし、様々な本や雑誌も読みます。ですがアイデアは、ただ単に面白ければいいというものではありません。企画にしても、新機能の追加にしても、「なぜ?」という問いかけに、「これこれこういう理由だから」と、論理的に説明できるかどうかが重要です。売上の推移や数字データ、ユーザーの声を参考にしながら、客観的な事実をもとに、どうすればもっとよくなるかを考えるのもプランナーの役割。センスや経験のあるなしに関わらず、そこさえ忘れなければ、あとは何だってできます。これからは人も増えますし、できることも増えていくでしょう。こんな職場環境、なかなかありませんよ。

INTERVIEW