INTERVIEW

あっ、こういう仕事あるんだ!?

「好き」をデザインできる働き方。

MIYAZAWA KANAE

宮沢 加奈恵

2017年入社|

デザイングループ デザイナー

ゲームが好きで、ゲーム制作に携わるための技術を学ぶために専門学校へ。卒業後も、同校で職員を続けながらグラフィックデザインを独学。就職活動において自分の好きなことだけでなく、UIデザインという新たに興味の持てる分野に出会い、10ANTZに入社。

    現在の業務内容

    デザイナーとして、イベント画面のUIデザインやグラフィック、アイテムや背景のイラスト、アバター衣装、バナー作成等を担当しています。

ずっと探していた。 本当に自分のやりたい仕事。

やっているうちに気づいたのは、私には向いていないのかも…、でした。ゲームが好きで、将来はゲーム制作に携わりたいと思い、専門学校で専攻したのが3D・CG。ですが、3Dは立体的な空間を考えるため、デザインのことよりも、物理学の計算などがメインでした。元々、絵を描くのが好きだった私にとって、本来やりたかったこととは違っていたんです。やっぱり2D・平面のほうがいいなと。そこからは、本やインターネットでデザインの理論を独自に学びました。ところが、いざビジュアルデザインで仕事を探してみても、自分が、やりたい!と思える仕事が見つからなくて。そんな時に知ったのがUIデザインです。

実績よりも、興味と意欲。 採用理由は「育てたい」(笑)

UIデザインは面白そう。ボタンの配置ひとつ、押しやすさ、わかりやすさ、見た目だけでなく使い心地そのものをデザインする考え方に惹かれました。そう思っていた時、たまたま見つけたのが10ANTZ。アーティストのライブにもよく行っていたし、ゲームにも関わっている。それまでモヤ~っとしていたのが、10ANTZの求人を見て、あ!って、なって。自分の好きなものや興味のあることが重なっていたので応募しました。UIデザインのポートフォリオは何もなかったです。なのに、採用されました(笑)それまでの企業の面接と違っていたのは、質問の内容です。どうしてUI?何に興味?好きなアーティストは?とか。どう答えたのか覚えていませんが。採用後に教えてもらったのは、「未経験で、ど素人だけど、育てたいと思った」でした(笑)

好きなことだと、 アイデアも湧いてくる。

「じゃ、ちょっと、やってみようか」って、入社後は先輩デザイナーさんのアシスタントをしながら、教えてもらう毎日。バナーのデザインや、イベント画面を任せてもらっても、最初は自分の好みのテイストや、淡い色を使いがちだったんですけど。仕事を経験していくうちに、世界観やイメージ、見やすさも、ユーザーさんの目線で考えるようになりました。カードのデザインひとつとっても、アーティストさんの顔写真にホコリがあれば、どうすればキレイにできるのかまで考えます。入社前は、ゲーム会社って請け負った仕事を黙々とやるイメージでしたが、まったく違いました。もっとこうしたら良いのにと思えばどんどん言えます。そんな新しい働き方のデザインも、提案できる会社ですね。

1日のスケジュール
10:00

出社・朝会

出社したらスラック(社内チャット)のメッセージに目を通します。
その後、プロジェクト毎に朝会を実施。PMからその日の連絡事項などの共有がされます。

10:15

デザイナー朝会

プロジェクトのデザイナーチームで集まり、各個人の今日のタスクや、連絡事項などを共有。
デザインで悩んでいることもここで共有して、先輩からアドバイスをもらいます。

10:30

デザイン業務

ゲーム内イベントのバナーやロゴの制作など、自分の担当タスクに集中します。

13:00

ランチ

誰かとランチに行ったり、近くでお弁当を買ってきて社内で食べたり、その日の気分で決めています。

14:00

デザイン業務

午前中に引き続き自分の担当タスクを進めていきます。プロジェクトMTGが入るときもあります。

19:00

退社

自分のタスクの進捗状況をみながら退社時間は決めてます。
仕事の後は乃木恋やほかのゲームで遊んだり、本を読んだりして過ごすことが多いです。